売却Q&Aの記事一覧

優先順位を定めることが大切です。
まずは買換えの「目的」をきちんと定めておきましょう。・広い部屋に住み替えたい、・住むエリアを変えたい・最新設備のお部屋に住みたい、・家族構成が変わり家を小さくしたい、・ローン返済額を軽減したい...等いろいろとあると思いますが、何が第一優先なのかをしっかり定めて、営業マンに伝えましょう。また、優先順位の低い項目にこだわり過ぎないことも大切です。いろんな視点からメリット、デメリットをお伝えします。一緒にお客様に合った売却、購入の順番、方法など考えていきましょう。
当社で買い取りいたします。
最短3日で買い取らせて頂きます。お急ぎで売却希望の方は、ご相談ください。ご相談頂きますと、まず査定をさせて頂きます。金額、引き渡しの時期などが決まりましたら、あとは当社にお任せ下さい。面倒な手続き等は当社ができる限りサポートさせて頂きます。仲介手数料は、もちろん頂きません。金融機関との話し合いや、荷物の撤去などもお気軽にご相談ください。
もちろん可能です。
通常よりも販売に時間がかかるケースもありますが、新聞折込広告やインターネットなど広告活動をせず、水面下で弊社ご登録のお客様のみにご紹介し、内密に販売を進めていくことも出来ます。進め方はご相談頂ければ大丈夫です。また、物件によりますが弊社にて、「直接買取」することも可能です。その場合は仲介手数料も不要となりますので、内密に売却を進める場合はぜひ一度ご相談下さい。
費用対効果を考えてご提案します。
ケースバイケースです。例えば、築浅のマンションで、設備や床の状態は良いが、壁紙がタバコのヤニで黄色くなっている...という状況であれば壁紙を変えるだけでかかった費用以上の成果があるかと思います。しかし、全てのお取引において売出前にリフォームをした方が有利とは限りません。買主様の中にはこだわりのリフォームをしたい方もいらっしゃいます。そういう方にはリフォームしてあることでマイナスに働く可能性もございます。売主様にとって何が一番ベストなのかを考え、ご提案させて頂きます。
かかってくる費用には様々なものがあります。まず、どの物件にもかかってくるのは、仲介手数料と売買契約書に添付する印紙代です。ローンの残債などがあり、抵当権などが設定されている場合は、抵当権抹消費用がかかります。また、敷地の境界がはっきりせず、境界標の設置が必要な場合には境界設置費用や測量費用が発生する場合がありますし、土地の売却で、古家を取り壊して更地にて引渡す場合には建物解体費用が発生する事もあります。お部屋をリフォームして売却される時には、リフォーム費用もかかってきますので、売却方法をしっかりと営業マンと打ち合わせすることが重要です。
まずは、売れない原因を知りましょう。
不動産売却に期間をかけてもなかなか売れない場合は、何らかの理由があると思われます。「価格が高い。」「販売方法が悪い。」「販売力不足。」「流通性に欠ける。」などが主な要因である事が多いです。まずは、ご相談ください。一緒に原因を考え、それに対しての対策を行っていきましょう。
売主様のご判断ですが、アドバイスさせて頂きます。
最終的には売主様のご判断で決まりますが、決断に至るまで、今までの周辺物件の成約事例、現在のエリアの動向など判断材料をご提供させていただきます。
ありのままをお伝えして頂ければ大丈夫です。良いところは、こういう所がいいですよ。悪いところは、私はこういう所が良くなっかった。等々、ありのままのお話しを頂けると、買主さまも安心してご検討頂けるかと思います。整理整頓や掃除はできる範囲で大丈夫です。あまり気負いし過ぎないように取り組んでいきましょう。
可能ですが、おすすめしません。
個人間での売買は可能です。ただし、契約書の作成や、所有権の移転手続き、抵当権の設定などを行う場合などは、専門職(司法書士等)にお任せするのが安心ではないでしょうか。このような大事な手続きを安心、安全に進めていくのが不動産会社の仕事です。又、個人間の取引の場合、クレーム等も言いにくく後々ストレスが出てくる場合もよくある話です。不動産という大きな財産だからこそ不動産のプロである不動産会社へ任せる方が無難だと思います。
もちろんです。
お客様は担当者を選ぶ事が出来ます。お客様にとって重要なお取引を任せる担当者とは、信頼関係が重要です。弊社ではお客様それぞれに合ったご提案ができますよう心がけております。なんでもお気軽にご相談ください。
もちろん大丈夫です。

その場合は一般媒介契約をさせて頂きます。メリット、デメリットがございますので、担当者にご相談ください。
専属専任及び専任は仲介業者1社への依頼となり一般媒介の場合は複数社への依頼が可能です。メリット・デメリットがございますが、ケースによってかわりますのでアドバイスさせて頂きます。
専属専任及び専任は仲介業者1社への依頼となり一般媒介の場合は複数社への依頼が可能です。メリット・デメリットがございますが、ケースによってかわりますのでアドバイスさせて頂きます。
さまざまな事がございますが、全てサポートさせて頂きます。物件の査定、販売活動、引き渡しまで全てです。当社は、販売活動にも力を入れております。ネットでの広告はもちろん、折込チラシ、ポスティングチラシ、オープンハウス等あらゆる手段を使って購入希望者の方を探しています。
最短3日で買い取らせて頂きます。お急ぎで売却希望の方は、ご相談ください。ご相談頂きますと、まず査定をさせて頂きます。金額、引き渡しの時期などが決まりましたら、あとは当社にお任せ下さい。面倒な手続き等は当社ができる限りサポートさせて頂きます。仲介手数料は、もちろん頂きません。金融機関との話し合いや、荷物の撤去などもお気軽にご相談ください。
不動産売却に期間をかけてもなかなか売れない場合は、何らかの理由があると思われます。「価格が高い。」「販売方法が悪い。」「販売力不足。」「流通性に欠ける。」などが主な要因である事が多いです。まずは、ご相談ください。一緒に原因を考え、それに対しての対策を行っていきましょう。
売却開始から成約までが1ヶ月かかったとすると、ご自宅のお引渡し、お引越しまでゆとりを持ってさらに1ヶ月と過程すれば、2ヶ月間必要となります。但し、購入されたお住まいも、すぐには入居できない場合がありますので、購入物件の条件にも左右されます。お買い替えの際は、アドバイスはもちろんさせて頂きますが、ゆとりを持って計画を練っていきましょう。
まずは買換えの「目的」をきちんと定めておきましょう。・広い部屋に住み替えたい、・住むエリアを変えたい・最新設備のお部屋に住みたい、・家族構成が変わり家を小さくしたい、・ローン返済額を軽減したい...等いろいろとあると思いますが、何が第一優先なのかをしっかり定めて、営業マンに伝えましょう。また、優先順位の低い項目にこだわり過ぎないことも大切です。いろんな視点からメリット、デメリットをお伝えします。一緒にお客様に合った売却、購入の順番、方法など考えていきましょう。
シーズンも多少ありますが、市況によっても左右されます。現在は、「住宅ローンの低金利化」「住宅ローン控除」「固定資産税等の税金の軽減措置」やアベノミクスなどが重なり、購入客が多くいらっしゃいます。住宅の取引価格は「需要と供給のバランス」で決まり、現在は良い売り時かと思います。
住宅ローンアドバイザーがお答えします。お客様がいくらくらいの物件が購入できるかのご提案させて頂くにあたり、ご年収、住宅ローンを検討されている方は月々の返済希望額、お借入の状況を詳しく教えてください。教えて頂いた内容から、返済シミュレーションをさせていただき、無理のない購入のご提案をさせていただきます。頭金が無い、すでに住宅ローンを組んでいる、など何でも結構です。お気軽にご相談ください。
ご希望条件をお聞かせください。どんな小さいご希望でも構いません。なるべく詳しく聞かせて頂けると、よりお客様のご要望に合った物件をご紹介できます。
ネットが普及した現在、実際に不動産の店舗に行かなくてもあらゆる情報が手に入ります。しかし、不動産を購入するにあたって、どの物件が良いかは実際にお話させていただきご希望をお聞きすることが1番近道だと思います。不動産のプロとしてお客様の満足するお住まい探しのお手伝いをできればと思います。